六龍が飛ぶ

六龍が飛ぶの視聴率の推移は?韓国と日本で人気の違いがある?

六龍が飛ぶ 視聴率 推移 韓国 日本 人気 違い
Pocket

朝鮮王朝建国の実際の歴史的事実を主体とした『六龍が飛ぶ』は、迫力のあるアクションでも話題になったドラマ!

また、ユ・アイン、キム・ミョンミンをはじめ、実力派キャストが共演し、2015年の演劇大賞も多く受賞した作品でもあります。

そんな『六龍が飛ぶ』の視聴率の推移も気になりますね。

ぴよ吉
ぴよ吉
うんうん。気になるぅ♪

また、『六龍が飛ぶ』の人気は、韓国と日本では違いがあるのも黄になりますね

今回は、『六龍が飛ぶ』の視聴率の推移や、韓国と日本で人気の違いがあるかを調査していきたいと思います。

 

『六龍が飛ぶ』の視聴率の推移は?

『六龍が飛ぶ』は、史実とフィクションを絶妙に組み合わせたドラマです。

時代劇の新境地を切り開いた名コンビであるキム・ヨンヒョンとパク・サンヨン脚本家の作品!

また若手演劇派ユ・アインや国民的俳優キムミョンミンなどの豪華俳優がキャスティグされていることから注目されていました。

そんな『六龍が飛ぶ』の視聴率の推移の韓国と日本を比較しながら調査していきたいと思います。

 

韓国での視聴率の推移を調査!

朝鮮王朝建国の為、立ち上がった英雄たちの物語『六龍が飛ぶ』!

『六龍が飛ぶ』の初回放送の視聴率は12.3%という好発進で始まりました。

平均視聴率が14.35%、最高視聴率17.3%、最低視聴率11.6%と50話全て10%以上をキープしています。

また瞬間最高視聴率19.7%だったそうですよ!

ぴよ吉
ぴよ吉
すごぉい♡
ひた吉
ひた吉
視聴率ってどうやって計算してるのかな?
ぴよ吉
ぴよ吉
韓国では、俳優のギャラや製作費を引いてテレビ局が赤字にならない程度の視聴率が10%って言われてるらしいよ

『六龍は飛ぶ』の韓国での視聴率は、よかったほうと言えますね。

 

日本での視聴率は?

韓国での『六龍が飛ぶ』の視聴率が50話とも10%後越えだったことは前記事でわかりました。

では日本の視聴率ではどうだったのでしょうか?

しかし、調べたところ残念なことに・・・日本での視聴率の情報は、ありませんでした

日本で放送されたのは、テレビ東京で平日の月から金曜日の朝8時15分からという枠で放送されたこと!

BSフジやTBSもテレビ東京と同じ、平日のお昼の時間帯で放送されていました。

仕事や学校などで見れる人が少なかったからということも関係しているのではないでしょうか。

また、オリジナル作品を見るために配信サービスを利用者が増えたこと。

ぴよ吉
ぴよ吉
配信サービスのほうが好きな時に見られるよね♪
ひた吉
ひた吉
配信サービスは視聴率には関係ないんだね。

日本の視聴率の情報がない原因は、リアタイで見ることができなかったことがやはり大きな理由と考えられますね。

 

『六龍が飛ぶ』韓国と日本で人気の違いがある?

今までは『六龍が飛ぶ』の視聴率について調査し、50話全て10%超えていた人気作品であることがわかりましたね。

では、『六龍が飛ぶ』の韓国と日本での人気の違いはあるのでしょうか。

韓国では50話に対し、日本では65話に編成されている『六龍が飛ぶ』。

ぴよ吉
ぴよ吉
日本は45分という放送時間の関係で韓国と日本は15話増えているのかな?

この違いが、韓国と日本の人気の違いに関係しているかについても調査していきたいと思います。

 

韓国での人気を調査!

韓国での『六龍が飛ぶ』の人気について調査していきます。

出演者であるユ・アインが、入隊前の作品として注目されていました。

『六龍が飛ぶ』は、放送開始から同時時間帯視聴率をトップで独走しています。

ドラマ社会と言われている韓国で、ここまでの結果が出ているはやはり人気作品だからではないでしょうか。

 

『六龍が飛ぶ』日本での人気は?

韓国では人気のある作品と分かった『六龍が飛ぶ』は、日本での人気はどうなのでしょうか?

1時間越えが多い韓国ドラマは、日本で放送する場合カットされるケースが多いです。

『六龍が飛ぶ』は、日本で放送する為に、15話多い65話に編成されて放送されました。

日本で放送された時間帯が平日の朝やお昼間であったため、見られる人が少なかったと思われます。

最近ではU-NEXTなどの配信サービスが増え口コミから見る人が増え、『六龍が飛ぶ』の人気がぐいぐいと人気が出たのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、『六龍が飛ぶ』の視聴率の推移は?韓国と日本で人気の違いがある?について調査しました。

2015年SBS演技大賞12冠受賞し、放送開始から同時時間帯視聴率トップをキープした『六龍が飛ぶ』。

演技派スターのユ・アイン、国民的俳優のキム・ミョンミンなど豪華キャスト共演という子で話題にもなったドラマでもあります。

『六龍が飛ぶ』の視聴率と推移と、韓国と日本の人気の違いなどについても調査しました。

最高視聴率17.3%(最終回)、ドラマ全体の平均視聴率は14.4%と『六龍が飛ぶ』の50話全て10%以上という結果が出ています。

また韓国と日本では、放送時間の関係で放送回数が15話多く編成されていることも分かりました。

日本での視聴率の情報がなかった為、韓国との比較ができませんでした

しかし、日本でも人気のある作品であることは間違いないと思います。

ぴよ吉
ぴよ吉
最後までお読み頂き有難うございました♪