六龍が飛ぶ

六龍が飛ぶ感想は面白いorつまらない?実際に見た辛口評価や口コミを紹介!

六龍が飛ぶ 感想 面白い つまらない 評価 口コミ
Pocket

六龍が飛ぶ』は2015年10月5日から2016年3月22日まで、韓国のSBSで全50回で放送されました。

ぴよ吉
ぴよ吉
U-NEXT、Prime Video、FODで配信されてるよ~♪

新たな理想国家を建てるため立ち上がった6人の英雄“六龍”が苦悩や葛藤を重ねながら立ち向かう姿を描いたドラマです。

政治的な駆け引きや陰謀が渦巻く高麗から朝鮮への王朝交代期を描いたエンターテイメント大作。ユ・アイン、キム・ミョンミンをはじめ、実力派キャストが共演。

出典元:六龍が飛ぶ

人気俳優ユ・アインさんの兵役前の作品でもあったため、注目されていたドラマだったようです。

『六龍が飛ぶ』の感想は面白いのかつまらないのか口コミや評価も気になりますね。

今回は、『六龍が飛ぶ』の感想は面白いorつまらない?どちらなのか・・・。

実際に見た辛口評価を調査し、口コミについてもご紹介していきたいと思います。

 

六龍が飛ぶ感想は面白いorつまらない?

『六龍が飛ぶ』は、14世紀の高麗後期から、李氏朝鮮王朝建国と、その後の後継者争いについて描かれたドラマです。

ユ・アイン、キム・ミョンミンなど実力派俳優がキャスティングされているところも見どころの1つ!

新たな理想国家を建てるため立ち上がった6人の英雄『六龍』の活躍を、息もつかせぬアクションやエンターテインメント満載で描かれています。

ひた吉
ひた吉
面白そうな予感♪
ぴよ吉
ぴよ吉
歴史的事実と空想の世界をうまく調和させたドラマなんだって!

そんな『六龍が飛ぶ』の感想は、面白いのかつまらないかについて調査してきたいと思います。

 

六龍が飛ぶの感想は面白い?


『六龍が飛ぶ」は、面白いという意見が多いですね。

また、50話という長編ですが、密度の濃いドラマや、経営や人生に学びもあるドラマなどの意見もありました。

またこのドラマは、歴史を、ただ一つの視点だけで見るのではありません。

指導者、権力者、庶民など様々な視点から見ることで色々な楽しみ方もできるんです。

こういった意見や見どころが多いことが面白い!という評価につながったのかもしれませんね。

 

つまらないという意見も!


さて面白いという意見が多い『六龍が飛ぶ』ですが、つまらないという意見はあるのでしょうか?

つまらないと意見も、やはり若干ですがありましたね。

50話という長編だとか作品の雰囲気が暗いとかそういった意見もあるようでした。

ファンタジー要素の多い時代劇が作品が多い現在の時代劇。

歴史的人物の歴史的事実である行動を邪魔しないように作られたこのドラマがお堅くとまり、つまらないという評価になったのかもしれませんね。

 

実際に見た辛口評価や口コミを紹介!

『六龍が飛ぶ』の感想が、つまらないという意見よりも面白い意見が多いことが分かりましたね。

つまらないという評価の中には・・・。

作品の雰囲気が暗いとか、50話の長編だからという意見がありました。

また、ファンタジー時代劇ではなく歴史的事実である内容がかなり盛り込んでいることから、お堅いドラマというイメージがついたようにも感じます。

こういった内容が辛口評価として上がっているのでしょうか。

では、実際に『六龍が飛ぶ』を見た辛口評価の調査と口コミごご紹介していきたいと思います。

 

実際に見た辛口評価の調査!

辛口評価とは言えませんが、長編ということに抵抗を感じている人が多いように感じました。

韓国ドラマは、日本のドラマと違って1本のドラマの長さが1時間15分ほどあり、それが50話となると見るのを躊躇してしまいますよね?

私自身もドラマ好きなのですが、面白いよすすめられたドラマも長編だと、後回しにして未だに見れていないものがたくさん。

ぴよ吉
ぴよ吉
50話あると思って見るとあぁまだまだ続きがある・・・!ってなるからかな?

そう思ってしまうことが更にストレスとなって、面白くないという感じになるのかもしれませんね。

あと残酷なシーンもあるため子供には見せられないという意見もあるようでした。

では次の記事では『六龍が飛ぶ』の口コミをご紹介していきます!

 

六龍が飛ぶの口コミは?

女性の口コミ
女性の口コミ
ユ・アインやキム・ミョンミンやシン・セギョンと出演者が豪華すぎる♪
男性の口コミ
男性の口コミ
迫力あるアクションシーンが多いなあ
女性の口コミ
女性の口コミ
毎回ハラハラする展開がドラマから目を離せない!
男性の口コミ
男性の口コミ
今までの韓国時代劇とは少し違うところがいいなぁ

以上が口コミです。

私なりに口コミをまとめました。

  • ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョンなど豪華キャスト
  • 韓国では最高視聴率17.3%を記録したドラマ
  • ハングルを作った偉大な王(第4代王・世宗の)父親の話
  • 迫力のあるアクションシーン
  • 他の時代劇とはまた違った感じのドラマ
  • 毎回ハラハラする展開

迫力のあるアクションシーンについては、残酷なシーンもあったため辛口評価もあがってはいますが・・・。

『六龍が飛ぶ』の演出を務め、現場を指揮した思プロデューサーのインタビュー記事の中にこういったお話がありました。

確かに、子どもやお母さんが見るには残忍な部分があったが、刀を持ち歩くことはカッコイイことではなく、血が流れ、苦痛があり、死ぬこともあるということを見せたかった。ドラマや映画のアクションシーンは視覚的楽しさ、快感に止まることが多いが、そうしたくなかったので、もっと残酷に描いた部分もある。この場をお借りしてお詫び申し上げたい。

出典元:https://news.kstyle.com/

プロデューサーの思がスリルがあって、迫力のあるアクションとして面白かったという評価にもつながったのではないでしょうか。

こういった6項目の内容が面白いという評価として口コミとしてあがった理由だと思います。

 

まとめ

ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョンなど豪華キャストで韓国のSBSで全50回で放送された『六龍が飛ぶ』。

今回は、『六龍が飛ぶ』の感想は面白いorつまらない?のか…。

実際に見た辛口評価の調査と口コミをご紹介をしました。

面白いのかつまらないのかという感想も若干、長編だからだとか作品が暗そうなどのイメージからつまらないという意見もあるようです。

しかし見れば見るほど面白いという意見や、様々な視点から見ると色々な楽しみ方ができる深いドラマという意見もありましたね。

辛口評価については、長編というのと少し過激なアクションが子供は見せられないと言った意見もある『六龍が飛ぶ』。

しかし総合して面白いと口コミが大変多いドラマでもあります。

是非一度この『六龍が飛ぶ』を是非見てみてくださいね。

ぽめ吉
ぽめ吉
最後まで有難うございました。