パ・リーグの
ハッカソン!

Hack for Pacific League 2017!
パ・リーグをあそびつくそう!

2015年に開催されたプロ野球界初のハッカソン、その名も「パッカソン」。
それから2年の歳月を経て、オリックス・バファローズの本拠地、更にはかつて多くのパ・リーグ球団を擁した本場、関西にパッカソンがついに上陸!!
しかも今回は「プロ野球(パ・リーグ)の応援を通じてファンの皆さまを健康にする」というコンセプトのもと開発されたスマホアプリ「パ・リーグウォーク」を引っ提げての開催です!!
「健康」というテーマをより掘り下げるため、パ・リーグウォークのプロジェクト推進・検証に協力いただいているソサエティアンドヘルスラボ(SHL、米ハーバード公衆衛生大学院イチロー・カワチ教授主宰)のリサーチャーも来日!さらに大阪らしく某お笑いタレントを招いての笑いもあります!!
そして開発にあたっては今回限りの特別使用許可が出た様々なガジェットやAPIもお使いいただけるという、まさに「パ・リーグとあそぶ」ためのハッカソンです!!

Next

ハッカソン初登場ガジェット!

なんと!パッカソン2017では、まだ市場に出ていないプロトタイプのガジェットもお使いいただけます!
プロトタイプにつき、各1セットずつのご用意となります。

フルカラーレーザモジュール

フルカラーレーザモジュール

光通信デバイスの製造で培った高密度実装技術を活かし、赤・緑・青の3レーザ、及び温調素子、モニターPDを超小型パッケージに収納したフルカラーレーザモジュール。気密性の高いキャップシールを施し、高信頼性を確保しているため、ピコプロジェクタ、HUD、産業用光源、イルミネーションなど様々な用途への応用が期待できます。今回は住友電気工業株式会社さま 豊田産業株式会社さま のご協力により、パッカソンに登場です!

“パ・リーグ ウォーク API”

パ・リーグ ウォーク

「パ・リーグ ウォーク」は、プロ野球(パ・リーグ)ならではのゲーミフィケーションを活用したスマートフォン歩数計アプリです。応援する球団毎にファンの合計歩数を競ったり、貯めた歩数を応援に使ったりとプロ野球ファンに新しい応援スタイルを提案するとともに、歩くことを楽しみに変えています。
パッカソン2017では“パ・リーグウォークAPI”と、様々なツールを組み合わせて、IoT、WoT、M2M…など、自由に表現してください。

シリコンハウス提供ガジェット

シリコンハウスさまより、たくさんの電子工作部材をご用意します!
これらは当日販売のほか、一部貸出にてご利用いただけます!

MESH GPIOタグ用音声検知基板

MESH GPIOタグ用音声検知基板

MESH GPIOタグ用音声検知基板

Raspberry Pi 3 Model B

IchigoJam-T-G

IchigoJam-T-G

Arduino UNO Rev3

Arduino UNO Rev3

無線マイコンTWE-Lite DIP

無線マイコンTWE-Lite DIP

And more!
詳細は近日公開予定!

その他、使用を想定しているガジェット・サービスなど*

ロボホン

スマホの未来がロボットになった。ココロ、動く電話。
ロボホンは身ぶり手ぶりを交えておはなしができるロボットです。おはなしすることを覚えさせると、人の代わりに質問に答えたり、説明したりできます。

SONY MESH

MESHは、IoTをお手軽に実現できるツールです。
さまざまな機能を持ったブロック形状のセンサーなどを、アプリ上でつなげることにより、プログラミングや電子回路の専門的な知識がなくても、IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みをつくることができます。専用SDKやIFTTTとの連携により、インターネットと繋いだシステムも実現できます。

Yahoo!my Things Developers

myThings Developersはさまざまなサービス、デバイスのAPIを共通のI/Fで束ねるサービス連携プラットフォームです。
myThings Developersを活用することで、TwitterやFacebookなどのWebサービスを始め、FitbitやJawboneUPなどのウェアラブルデバイス、BOCCOのようなロボット、異なるメーカーが提供しているサービスやデバイスのAPIを共通のI/Fで利用することができ、開発負担・API学習コストを下げることことができます。

さくらのクラウド

さくらインターネットの「さくらのクラウド」は、ブラウザだけで「仮想データセンター」を操作できる、高性能なIaaS型クラウドサービスです。
コントロールパネルからすぐにサーバーを作成できるため、リードタイムが大幅に短縮されます。またサーバーのスケールアップ/スケールダウン/スケールアウトが容易なため、キャパシティ予測が難しいウェブサービス、ソーシャルゲーム等に適しています。

* 上記のガジェット類は本イベント内での使用を想定しているものであり、実際の使用を保証するものではございません。
また、各企業・ブランドは本イベントの企画および主催・協賛、運営にも一切関係ありません。

The DECKのご紹介

パッカソン2017の会場となるThe DECK[ザ・デッキ]は、大阪市営地下鉄「堺筋本町」駅直結という好立地にあるコワーキング&ファブスペースです。
もちろん、The DECKにある工具類や各種ファブリケーション機材をご利用いただけます!(一部有料)

The DECKの主なファブリケーション機材

3Dプリンター

3Dプリンター

MOMENT社製 MOMENT S
Flash Forge社製 Finder

CNC切削機

CNC切削機

Roland社製 MDX-540A

レーザーカッター

レーザーカッター

VersaLASER社製 VLS3.50

大判プリンター

大判プリンター

OKIデータ・インフォテック社製
W-54s

他にも3Dスキャナーや3Dペン、カッティングマシンなど、いろいろ揃えています。

パッカソン2017概要

日時
Day1 2017年3月4日(土)9:30~18:30
Day2 2017年3月5日(日)9:30~19:00
(両日とも受付開始:9:00)
*期間中は深夜も施設を利用いただけます。
会場
The DECK
大阪市営地下鉄「堺筋本町」駅直結
参加費
無料
*懇親会(自由参加)の費用(2,000円)は会場にてお支払いください
参加人数
50名
参加資格
個人で参加登録できる方
2日間参加できる方
高校生以上の方
賞品
グランプリ・準グランプリチームへの賞品!
「パ・リーグの公式戦を特別な席で観戦できる権利(チケット)」
「パ・リーグ選手のサイン入りグッズ」

などなど
主催
パ・リーグウォーク実行委員会
パシフィックリーグマーケティング株式会社
株式会社スノウロビン
Next

ゲスト・審査員

スペシャルゲスト
森脇健児さん
森脇 健児 さん
かみじょうたけしさん
かみじょうたけし さん
キーノート
鎌田 真光 さん
ハーバード公衆衛生大学院
SHL[ソサエティアンドヘルスラボ] 博士
審査員
荒井 勇気 さん
パシフィックリーグマーケティング株式会社 室長
林 英恵 さん
ハーバード公衆衛生大学院
SHL[ソサエティアンドヘルスラボ] 博士
平山 太朗 さん
パシフィックリーグマーケティング株式会社 CTO
順不同
Next

参加お申し込みはこちら